【7月】ご要望に応えるカスタマイズ研修 受付中!研修のお問い合わせはこちら
お電話での
お問い合わせ
0120-573-561 受付時間:平日9:30〜18:30

ビーパートナーズ株式会社『TechFun.jpの研修でプログラムの動く仕組みや根幹を理解してもらいたい』

研修実績2018.01.15

TechFun.jp設立当初から、長らくプログラミング研修をご利用いただいているビーパートナーズ株式会社の代表取締役 紀平様、統括部長 戸澗様に当ITスクールに対する思いをお伺いしました。(本記事は2017年8月8日に実施されたインタビューです。)

左:戸澗様、右:紀平様

BeePartners ロゴ

ビーパートナーズ株式会社では、「IT」と「人間力」を強みに、業務全般にかかわる「新しい仕組み」を提供しています。

 

貴社の事業内容について教えてください。

(紀平様)
事業としては、ビジネスソフトウェアの開発がメインとなります。
当社には、上流から開発まで一貫して対応できる体制が整っており、オープン系、モバイル、Webアプリケーション、サイト開発などをお客様先への常駐や、請負開発にて進めております。

 

社員教育の状況はいかがでしょうか。

(紀平様)
社員が30名を超えたあたりから、人材教育への投資にも力を入れるようになりました。
研修や勉強会への参加に意識的に重点をおいて社員の成長を促しています。
また、3年前(2015年)から新卒採用も実施しています。

BeePartnersインタビュー

 

エンジニアの教育に対して求めていることは何ですか。

(紀平様)
当社では理系・文系問わず採用しています。
いろいろな背景をもった社員が入社してくるので、まずは社内で先輩社員が講師となりIT基礎から身につけて頂き、技術者のベースを身につけてもらいたいと思っています。

(戸澗様)
今はフレームワークなど便利なライブラリが多くなっており、簡単にプログラミングができてしまうと思いがちだなぁと感じています。
ですので、TechFun.jpのような研修機関で、プログラムの動く仕組みや根幹を理解してもらいたいですね。

戸澗様インタビュー

 

外部研修を利用する理由を教えてください。

(紀平様)
当社では、4月中は自社でIT基礎の研修をしています。
ただ、仕事をする上で、対人スキルや他社との交流は必須になってきますので、馴れ合いや甘えをなくすよう早めに外部に出る機会を与えたいと考えています。

また、社員のフォローを手厚くしたいという思いもありますし、会社としてスキルレベルを捉えておきたい、というのも新卒・中途問わず研修をさせている理由です。

 

多くのITスクールの中で、TechFun.jpをお選びいただいた理由をお聞かせください。

(紀平様)
TechFun.jpは、新卒採用を始める以前から利用しています。
中途採用のJava経験者であってもスキルチェンジや復習のために通ってもらいました。

個人のスキルに合わせて、カリキュラム・スケジュールを調整できるので助かっています。また、受講カルテや毎週の報告メールが詳細で、次のプロジェクトのアサイン先の検討が早めにできるのも良い点です。

講師の質が非常に高く、他研修会社の方にTechFun.jpでJava研修を受けている、と話したところ「TechFunのレベルは高い」と言われたこともあります。実績あるITスクールですし、とても信頼しています。

(戸澗様)
同じく、詳細な受講カルテはとても助かっています。レーダーチャートもついているので状況を視覚的に把握することができるのも良いですね。

レベルに応じて、柔軟に復習スケジュールを用意していただけるのも安心できますし、プログラミングだけでなくコミュニケーション能力やビジネスマナーなど細かな部分でもフォローしていただいてると思っています。

 

これまで、受講生からの評判はいかがですか。

(紀平様)
受講していた社員に1年近く経ってから、どうだった?という話を聞いたことがありますが、「今になってあの時の研修がとても役立っている」という声を聞いています。

(戸澗様)
受講している最中、他社の社員と一緒に学習できるのがとても刺激になっているようです。

紀平様インタビュー

 

今後、TechFun.jp に求めていることはありますか。

(紀平様)
過去の受講データなどを分析出来れば、自社がどのようなエンジニアを採用しているのか、という指標になり、採用に活かすこともできると思っています。

(戸澗様)
今、TechFun.jpの新卒研修ではJava8のカリキュラムがなかったかと思いますが、そろそろJava8での研修をお願いしたいです。
また、フレームワークに関しても、Strutsが下火になってきましたので、Spring講座をメインにしてもらえたら良いですね。(※1)

ほかにも、最近ではAWSに関する知識を求められることが現場で多くなっています。
Tech FunさんではAWSの実用をされているので、実践的な勉強会やオープンセミナーの開催があればお知らせいただきたいです。
php、objectiveC、jQueryなどの現場ノウハウの短期講座などもあると嬉しいですね。

 

※1:TechFun.jpでは、2017年度よりJava8を取り入れた研修を実施しております。また、フレームワークにつきましてはStrutsとSpringのどちらかを選択いただくことが可能です。

 

貴重なお声を聞かせていただきまして、ありがとうございました。

TechFun.jpは、今後もお客様のお声を真摯に受け止め、受講生を一人前のエンジニアへ育成できるよう、日々、改善に取り組んで参ります。
今後とも、貴社と、貴社エンジニアのさらなる活躍にお力添えできるよう精一杯、尽力いたします。

ご要望に合わせた研修プランを提供いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

0120-573-561
受付時間:平日9:30〜18:30

あわせて読みたい関連記事

目標・スキルに応じて
選べる3つの講座

Java研修

Java研修

未経験者がJava基礎、データベース、サーバーサイドJava、フレームワークまで開発に必要な技術を習得できます。新卒向けには、ビジネスマナーやフローチャートも。実装力を養うためのハンズオンも豊富です。

Javaスキルチェンジ研修

Javaスキルチェンジ研修

Java以外の言語の経験者を対象とした講座です。Javaの基礎からフレームワークまで、必要としているスキルを効率よく学習することが可能です。実践演習も多く、現場で役立つノウハウを短期間で習得できます。

カスタマイズ研修

カスタマイズ研修

Java、PHP、Python、C言語、Linuxなどお客様のニーズに合わせて受講日程やカリキュラムをカスタマイズし、技術教育をご提供します。
スマートフォンアプリ開発研修も対応可能です。

助成金の活用について助成金の活用について

助成金をご活用いただくことで、研修費用を大幅に削減できます。

講師の紹介講師の紹介

Tech Fun.jpの講師は、実務経験の豊富なプロジェクトマネージャーやシステムエンジニアを中心に構成されています。

よくあるご質問

助成金について
インストラクターについて
受講申込み/解約について

よくあるご質問

「Tech Fun.jp」に寄せられるご質問を、Q&A形式でまとめています。

トップへ