2018年4月新卒Java研修 残席わずか!研修のお申込みはこちら
お電話での
お問い合わせ
0120-573-561 受付時間:平日9:30〜18:30

株式会社ソフト技研『模擬プロジェクト研修を見ることで、受講者の研修成果が確認できる』

研修実績2018.01.15

毎年、当社ITスクールの新卒Javaプログラミング研修をご利用いただいている株式会社ソフト技研の経営管理部 秋本様に当ITスクール「Tech Fun.jp」に対する思いをお伺いしました。 (本記事は2017年12月12日に実施されたインタビューです。)

株式会社ソフト技研 秋本様

 

株式会社ソフト技研では、1982年の創立から現在に至るまで、使う側の視点に立ち、最新の技術を用いたシステムを提案し続けています

 

貴社の事業内容について教えてください。

事業としては、業務用ソフトウェア開発及び運用保守がメインとなります。
現在はお客様先への常駐や、請負開発にて進めておりますが、今後、アプリケーション受託開発の部分を増やしていきたいと考えています。

 

社員教育の状況はいかがでしょうか。

年次別に目標を立てており、1年目は「報連相」の徹底はもちろん、プログラミング技術習得、テストの進め方、レビューの行い方を学びます。学生からのマインドチェンジを念頭に置き、ヒューマンスキルの向上を目標としています。

2年目以降も、各上長のアドバイスを参考に、各自目標を設定し、目標に即した研修を受講するようにしています。さらに各上長が目標への成果を確認しフィードバックすることで、社員自身の成長を確認できるようにしています。

 

エンジニアの教育に対して求めていることは何ですか。

Javaなどのプログラム言語は、ある程度時間を掛けないと習得できないと考えています。
自社では、まとめて指導時間を取ることが難しいため、Tech Fun.jp のような研修機関で、基礎や土台を固めて欲しいと考えています。

ソフト技研インタビュー

 

 

外部研修を利用する理由を教えてください。

上記「エンジニアの教育に対して求めていること」と重複しますが、当社では、プログラム言語の指導時間をまとめて取ることが、現状難しくなっております。また、自社以外の方に触れ、コミュニケーション力を高めて欲しい願いも込めて、外部研修を利用しています。

 

多くのITスクールの中で、TechFun.jpをお選びいただいた理由をお聞かせください。

模擬プロジェクト研修を見ることで、受講者一人ひとりの研修成果が確認できるというところです。

また、理解度によってスケジュールを柔軟に調整していただき、講師の方々が手厚くみていただけることも理由の一つです。

 

これまで、受講生からの評判はいかがですか。

質問に対して、丁寧に対応をしていただけるので、満足している様子です

 

今後、TechFun.jp に求めていることはありますか。

研修内容については、今後もこのレベルを保って継続していただきたいことと、今までのように、連携を密にとって、協力しながら受講者の力を伸ばしていければと考えています。

 

貴重なお声を聞かせていただきまして、ありがとうございました。

TechFun.jpは、今後もお客様のお声を真摯に受け止め、受講生を一人前のエンジニアへ育成できるよう、日々、改善に取り組んで参ります。
今後とも、貴社と、貴社エンジニアのさらなる活躍にお力添えできるよう精一杯、尽力いたします。

ご要望に合わせた研修プランを提供いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

0120-573-561
受付時間:平日9:30〜18:30

あわせて読みたい関連記事

目標・スキルに応じて
選べる3つの講座

Java研修

Java研修

未経験者がJava基礎、データベース、サーバーサイドJava、フレームワークまで開発に必要な技術を習得できます。新卒向けには、ビジネスマナーやフローチャートも。実装力を養うためのハンズオンも豊富です。

Javaスキルチェンジ研修

Javaスキルチェンジ研修

Java以外の言語の経験者を対象とした講座です。Javaの基礎からフレームワークまで、必要としているスキルを効率よく学習することが可能です。実践演習も多く、現場で役立つノウハウを短期間で習得できます。

カスタマイズ研修

カスタマイズ研修

Java、PHP、Python、C言語、Linuxなどお客様のニーズに合わせて受講日程やカリキュラムをカスタマイズし、技術教育をご提供します。
スマートフォンアプリ開発研修も対応可能です。

助成金の活用について助成金の活用について

助成金をご活用いただくことで、研修費用を大幅に削減できます。

講師の紹介講師の紹介

Tech Fun.jpの講師は、実務経験の豊富なプロジェクトマネージャーやシステムエンジニアを中心に構成されています。

よくあるご質問

助成金について
インストラクターについて
受講申込み/解約について

よくあるご質問

「Tech Fun.jp」に寄せられるご質問を、Q&A形式でまとめています。

トップへ