2019年 新入社員Java研修でお困りの方へ漫画でわかる Java研修!
お電話での
お問い合わせ
0120-573-561 受付時間:平日9:30~18:30

【2019年度新卒Java研修特別コラム】Java10から登場する「型推論」とは?

コラム2018.11.20

毎年大好評のTech Fun.jpの新卒向けJava研修。2019年度は、さらに収容人数を拡大し、カリキュラムもバージョンアップ。 新卒向けJava研修の申し込みを現在受付中です!

2018年3月20日に正式リリースされたJava 10。
昨年9月にリリースされたJava 9から、Javaは6ヶ月ごとにアップデートを続けており、つ
い最近ではJava 11がリリースされました。
https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

本記事では、Java 10から登場したよく使われる機能をひとつ紹介します。

【ローカル変数の型推論】
大きな変更点として挙げられるものが、ローカル変数の型推論でしょう。
Java 10では、ローカル変数を宣言するときに型推論を使用できます。

では、実際に例を見てみましょう。

型推論については、すでにJavaScriptやC♯等でも使用されていますが、ローカル変数に
値を代入する際、右辺の記述から自動的にローカル変数の型が推定されるようになりまし
た。

このため、明示的にオブジェクトのデータ型を宣言する必要がなくなっています。こ
れはJavaの静的型付け言語の特長を維持しながらも、形式的な記述を減らしてより使いや
すい言語にすることが目的のようです。

ただし「右辺を見れば左辺の型がコンパイル時に判別可能であること」が、この型推論を
利用する前提として挙げられます。これは、Javaで「var」を利用することが、実行時に
変数の型を判断するという仕組みではないためです。

また、クラス変数や定数としては利用できないという点、ラムダ式による型の省略とロー
カル変数の型推論は併用不可であることもポイントです。

今回紹介したJava10の内容も含め、2019年度の新卒向けJava研修に向けて研修教材を鋭意刷新中です。
来年度も新入社員の皆さんの技術習得を全力でサポートしてまいります。

2019年度新卒向けJava研修のお問い合わせは下記から!
https://techfun.jp/contact/

ご要望に合わせた研修プランを提供いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

0120-573-561
受付時間:平日9:30〜18:30

あわせて読みたい関連記事

目標・スキルに応じて
選べる3つの講座

Java研修

Java研修

未経験者がJava基礎、データベース、サーバーサイドJava、フレームワークまで開発に必要な技術を習得できます。新卒向けには、ビジネスマナーやフローチャートも。実装力を養うためのハンズオンも豊富です。

Javaスキルチェンジ研修

Javaスキルチェンジ研修

Java以外の言語の経験者を対象とした講座です。Javaの基礎からフレームワークまで、必要としているスキルを効率よく学習することが可能です。実践演習も多く、現場で役立つノウハウを短期間で習得できます。

カスタマイズ研修

カスタマイズ研修

Java、PHP、Python、C言語、Linuxなどお客様のニーズに合わせて受講日程やカリキュラムをカスタマイズし、技術教育をご提供します。
スマートフォンアプリ開発研修も対応可能です。

助成金の活用について助成金の活用について

助成金をご活用いただくことで、研修費用を大幅に削減できます。

講師の紹介講師の紹介

Tech Fun.jpの講師は、実務経験の豊富なプロジェクトマネージャーやシステムエンジニアを中心に構成されています。

よくあるご質問

助成金について
インストラクターについて
受講申込み/解約について

よくあるご質問

「Tech Fun.jp」に寄せられるご質問を、Q&A形式でまとめています。

トップへ