カテゴリー
0120-573-561

   受付時間:平日9:30〜18:30

学長からのメッセージ

  /  学長からのメッセージ

Tech Fun Training Centerに目を留めていただき、ありがとうございます。

当社サービスを理解していただく上で、伝えたいことがあります。
まず、それらをご紹介いたします。

Tech Fun Training Centerの特徴

Tech Fun Training Centerの特徴はいくつかありますが、一番は「即戦力育成」であることですね。

母体企業は全員ITエンジニアで立ち上げた会社なのですが、当校はその母体企業の新人向け社内プログラミング教育からの発展形です。

新人のうちから品質の高いプログラムを組むことができる、ということが、母体企業の価値を高めることに直結しているため、カリキュラムと指導内容は、ここを最大限意識して、ブラッシュアップしてきました。

例えば、Javaのバージョンやフレームワークやツールなどの情報やトレンドについて、いち早く開発現場からフィードバックを受けており、毎年教育カリキュラムに反映させていますので、即戦力を育成できる内容となっている訳です。

ITエンジニアを育成する上で大切にしていること

Tech Fun Training Centerの受講者には、様々なバックグラウンドをお持ちの方がいらっしゃいますが、当校で教えることにより、その人の人生を左右することもある、という覚悟を持って全力でぶつかっています。
特に未経験者はここからITエンジニア人生が始まるわけですから、教える責任は重大であると思っています。

技術的な理解を深めてもらうために全力を尽くすことはもちろん、技術を学ぶ楽しさを知ってもらったり、これからITエンジニアとして働くモチベーションを高く持ってもらうことも必要なことだと思っています。

今後の展望

コロナ禍によるテレワークが加速する中で、当校もオンライン受講がメインとなります。
そして、集合研修と比較して遜色のない指導を行うことはもちろんですが、集合研修ではできなかったこともオンライン受講に盛り込むことで、付加価値を上げていく計画をしています。

例えば、オンラインならではの画面共有機能を駆使し、ソースコードを複数人同時にシェアしながら、自分以外の受講者への指導内容をリアルタイムで確認することで、新たな発見や理解度を上げてもらえるなど、1:1の指導では実現できなかったことがいろいろ出来そうです。

その他にも、授業参観のようなイメージで、各企業の教育担当者が、受講者の様子を気軽に確認できるような仕組みを作ったり、新人研修における「模擬プロジェクト研修」と呼んでいる、Java研修の集大成として受講者にオリジナルWebシステムを作ってもらうのですが、その発表会において、その企業から大人数で見学に参加してもらったり、オンラインランチ会交流会で、他社の受講者と交流してもらったりなど、さらなる工夫も準備中です。

新人Java研修先を探している企業の教育担当者へ

プログラミングは基礎が大切です。当校ではその基礎をしっかり習得してもらいたいからこそ、言語はJavaを選択しています。

さらに、「どのようにソースコードを書けば動くか」だけではなく「実際のシステム開発ではどのように書けばよいか」まで考慮して指導やレビューを行うことで、「実践で活きる技術」ではなく「実践で活きる考え方」を身に着けることが可能になります。

〜 学長プロフィール 〜

取締役兼CIO:古閑 信宏(こが のぶひろ)

1987年生まれ。

2012年に九州大学大学院を修了後、ITベンチャーに入社。

その後独立、フリーランスを経て、2019年1月、Tech Fun株式会社に入社。

IT教育サービス事業執行役員兼社内情報システムチーム責任者を歴任。

2020年4月、取締役兼CIOに就任。